HOME > デイケア

2017年5月2日   Re-CUREの2017年5月プログラムをお知らせします。
2016年12月5日   Re-CUREがXmas雑貨市に出品しました
2013年5月18日   Re-CUREのブログを始めました
2013年4月1日   第20回スキルアップ講座を開催しました
2013年3月1日   第19回スキルアップ講座を開催しました
2013年2月4日   第11回ヤンセンファーマHEARTカレンダーコンテストに入賞しました!
2013年1月29日   第18回スキルアップ講座を開催しました
2012年12月29日   第17回スキルアップ講座を開催しました
2012年11月29日   第16回スキルアップ講座を開催しました
2012年11月01日   第15回スキルアップ講座を開催しました
2012年9月03日   みんなのマルシェ2012に出品しました
2012年9月01日   第13回スキルアップ講座を開催しました
2012年8月01日   第11回及び第12回スキルアップ講座を開催しました
2012年7月01日   第9回及び第10回スキルアップ講座を開催しました
2012年5月29日   第7回及び第8回スキルアップ講座を開催しました
2012年4月24日   第5回及び第6回スキルアップ講座を開催しました
2012年4月16日   平成24年度のRe-CUREのパンフレットを作成しました。
2012年3月30日   第3回及び第4回スキルアップ講座の模様です
2012年2月28日   第1回及び第2回スキルアップ講座の模様です
2012年2月3日   Re-CUREスキルアップ講座を開始します
2011年07月25日   Re-CUREが「LOVE Tagajo たがまる」に出店しました。
2011年07月02日   デイ・ケア情報誌「りくれを知っとくれ!」Vol.2を発行します。
2011年07月02日   Re-CURE、震災復興支援チャリティーバザーを開催します。
2011年06月18日   Re-CUREが「LOVE tagajo たがまる」に出店します。
2011年05月20日   フォトモザイク完成!

精神科ショートケア・デイケアとは

社会復帰の準備をする場所です。治療によって症状が落ち着いても、職場復帰や復学がスムーズに出来ない場合があります。そのために、 個人作業や集団活動を通して訓練をし、その人らしい生活が送れるように目指します。

当デイケアの名前「Re-CURE(りくれ)」の「Re」は、デイケアに通う目的とされる、"リハビリテーション","リターン(復帰)","リカバリー(回復)","リリーフ(安心)","リラックス","レクリエーション "などの頭文字と、「CURE(治療)」の2つの言葉をつなげ、「Re-CURE(りくれ)」と読み、名付けました。

ここに通うメンバーは、「自信をつけたい」「人付き合いが上手になりたい」「仲間が欲しい」「病気の再発を防ぎたい」など、抱える悩みや不安も様々です。そこで、その人のペースで社会復帰に向けた準備をお手伝いしたいと思い、ゆっくり自分と向き合う場となるよう、雰囲気作りを心掛けています。

リックプロフィール



デイケア 月曜日~金曜日 10:00~16:00(昼食あり)
ショートケア 月曜日~金曜日 13:00~16:00(昼食はなし)




※他にも季節行事やイベントなど、メンバーからの意見を取り入れて活動しています。
音楽

月に1~2回、主にトーンチャイムの演奏を行っています。一人1~2音担当し、その日の課題曲を演奏します。今では、キーボードやギターの伴奏も加わり、演奏も華やかになりました。また、最近は手話ソングも行っています。

軽スポーツ

デイケア室で卓球や縄跳び、Wii Fitを行っています。時には外に出てバドミントンやキャッチボールを行うこともあります。スポーツが得意・苦手に関わらず、みんなでスポーツを楽しんでいます。たまに真剣勝負の試合が始まることもあり、観戦する楽しさもあります。

クッキング

クッキング室で、毎週みんなで決めたメニューを作り、試食しています。これまでに丼物や麺類などの主食からお菓子まで、様々なものを作りました。着々と料理の腕を上げている方も多く、作る度に美味しいものが出来上がっています。みんなで協力して作り、みんなで食べる味は格別です。

選択活動

それぞれ、自分のやりたい活動を選びます。「スタディ」と「ヘルスケア」があり、「スタディ」ではパソコンや漢字、計算、硬筆、持参した学校の課題など、机上での学習が主です。
「ヘルスケア」では、ウォーキングやWii Fitなど、体を動かす活動を行います。

アトリエ

塗り絵や模写、ペーパークラフト、手芸など、思い思い創作活動をしています。出来上がった作品はデイケア室に飾り、みんなで感想を言い合うこともあります。季節行事の際は、雛人形やこいのぼり、七夕飾りなど大きな作品1つをみんなで作ります。

勉強会

週に1度メンバーさんからの提案により、テーマを決めて開きます。「食中毒について」「料理の基礎」「三国志」など、内容は様々です。変わった所では、「トリックアート」「宮城県の地理」など、お楽しみ系の内容の時もあります。

ミーティング

司会と書記の係をスタッフ・メンバーの中から決め、クッキングのメニューや観たいDVD、活動内容を話し合います。ミーティング中は様々な意見が飛び交い、時には真剣に、時には冗談を話して笑いながら、穏やかな雰囲気で過ごしています。



活動内容
この記事はメンバーさんが書いたものです。
--- お花見 ---

みんなで電車に乗って榴ヶ岡公園まで行きました。少人数なので電車行動も楽々です。桜は五分咲き位でしたが楽しい一時でした。

--- あやめまつり ---

天気にも恵まれ大変暑かったです。あやめは紫色や黄色など、色彩豊かでした。30分以上かけて歩いたので汗をかき、かき氷を食べました。とても冷たくておいしかったです。

   
--- 仙台七夕まつり ---

仙台駅に着いたら、すぐに吹き流しや折り鶴などが飾ってありました。迷子にならないように気を付けて見ていました。暑い中、みんなで食べたかき氷がとってもおいしかったです。

--- スイカ割り ---

みんなで海に行った。目を隠して、声をたよりにスイカを割る。
棒も割れた。響く拍手と歓声。潮風がスイカのうまさを引き立てた。夏も終わりに近づいたこの日、海とみんなの笑顔が輝いていた。

   
--- 季節行事 ---

多賀城にRe-CUREが始まって1年、色々な季節行事を実行してきました。院内では、節分祭、端午の節句や、七夕飾り、などの展示物を創作しました。院外では、春のお花見、秋の芋煮会などのイベントがあり、楽しく活動しています。

--- 自由参加行事 ---

「しまむら」や「ツルハドラック」に行き、楽しかったです。三井アウトレットパークでは服などを見て、昼食に「ロコモコ」と言うハンバーグを食べ、とても満足しました。その他、利府ジャスコや映画館にも行きました。

   
--- ゲーム大会 ---

個人戦・チーム対抗戦で、しゃもじ、うちわなどの変わり種ラケットで卓球をしたり、人生ゲーム・トランプなどをして毎回すごく盛り上がっています!!景品もありますよー!!

--- しゃべり場 ---

TV番組「ごきげんよう」のようにサイコロを転がし、出た目のお題でみんなで盛り上がっています。「小さな悩み」や「プチ自慢」など、日ごろ聞けないみんなの話が聞けるので楽しいです。




1日の流れ   費用について
 

ショートケア・デイケアは「診療」の一環で、診察や薬と同様に費用がかかります。

参加料(1回分)
 デイケア     ・・・820円(1年目)
          ・・・770円(2年目以降)

 ショートケア  ・・・420円
         ・・・400円(2年目以降)

参加料は各種健康保険や生活保護が適用されます。自立支援医療制度を申請すると原則1割負担となり、上記の金額となります。申請の手続き等に関する問い合わせは受付窓口、スタッフまでご相談下さい。

     



スキルアップ講座を平成24年2月8日より開始します。

日常生活における身だしなみや対人関係などについて、みんなで話し合いながら学んでいこうというプログラムです。
就労を目指す上での不安や疑問なども取り上げていく予定です。

平成25年3月6日、16日「第20回スキルアップ講座を開催しました」

第19回(平成25年2月20日):障害者就労支援事業へ見学へ行こう②
今回は2回に分かれて障害者就労支援事業所「メープルガーデン」の野菜の生産を見学しに利府の太陽の森へ行きました。どのようにして野菜の生産を行っているのか見学する前からメンバーは興味津々の様子でした。
始めは野菜生産担当の事業所のスタッフから太陽の森では年間45~50種類前後の野菜を栽培していることや月平均60kg程度出荷していることなどの説明を受け、その後、実際に仕事をしているところを見学しました。
野菜の生産ではメープルガーデンの方と緑ヶ丘病院に入院している患者様が合同で作業をしており、患者様の中には40年以上太陽の森で野菜の生産を行っている方もいることを知り、メンバーも驚いていました。外での作業は体力作りの他に自然に触れることでリフレッシュ効果があることも学び、有意義な時間を過ごすことが出来ました。

今回でスキルアップ講座は終了となります。約1年、いろいろなことを勉強し、学んできました。是非、メンバー、一人ひとりのこれからの生活に活かしていって 欲しいと思います。



平成25年3月3日「第19回スキルアップ講座を開催しました」

第19回(平成25年2月20日):障害者就労支援事業へ見学へ行こう
今回は障害者就労支援事業所「メープルガーデン」に見学へ行きました。今まではパン作りや喫茶の仕事を見たりする機会はありましたが、今回は野菜の加工・洗浄の仕事と緑ヶ丘病院での清掃の仕事を見学しました。
始めは事業所のスタッフから就労支援事業所とはどういうところであるかなどの説明を受け、その後、実際に仕事をしているところを見学しました。
今まで、仕事をしている方の話を聞く機会がなかったため、今回の見学では生の声を聞くことができ、メンバーも刺激を受けた様子でした。次回は野菜の生産を見学する予定なので、そちらも楽しみにしているようです。



平成25年1月25日「第18回スキルアップ講座を開催しました」

第18回(平成25年1月23日):実践トレーニング② 病気と付き合う④(再
前半は前回の実践トレーニングの続きで、場面設定を行い、その場面での問題点と対処法についてメンバー全員で考え、話し合いを行いました。難しい場面もあり、悩むメンバーもいましたが、他のメンバーの意見を聞いて納得する姿が見られました。
後半は今まで学んできたことの振り返りということで、服薬管理の復習を行いました。
病気の再発や薬の種類・副作用について、薬を飲み忘れてしまった時の対処法についてなどの確認をしました。以前、参加したメンバーは良い振り返りとなり、今回、初めて学んだメンバーにとっては知識を増やす良い機会となったようです。



平成25年12月29日「第17回スキルアップ講座を開催しました」

第17回(平成24年12月19日):実践トレーニング①
始めは久しぶりに身だしなみチェックとわくわくチェックリストの付け方を行い、前回付けたものと比較をしてもらいました。
その後、実践トレーニングいうことで、場面設定を行い、その場面ではどのような対応が的確なのかをみんなで話し合いながら進めていきました。
場面設定を行うことで、今まで学んできたことがより分かりやすくなったと話すメンバーが多く、充実した内容に満足した様子でした。



平成24年11月29日「第16回スキルアップ講座を開催しました」

第16回(平成24年11月22日):特別講演
今回は以前メンバーから実際に働いている方の話しを聞いてみたいと要望があったため、震災復興のボランティアとして多賀城市を中心に働いている一般財団法人 復興応援団の橋本直樹様をお迎えして、講演を行って頂きました。
橋本様の経歴や趣味、現在の仕事の内容にメンバー全員が興味津々に話しを聞いていました。
講演の最後にはメンバー各々が講演を聞いての質問や感想を述べたりし、橋本様からはどんな小さなことでも良いのでチャレンジする気持ちを持って欲しいという言葉を頂きました。講演後、メンバーからはいつもと違うスキルアップ講座で楽しかったという意見が多く聞かれました。


平成24年11月01日「第15回スキルアップ講座を開催しました」

第15回(平成24年10月24日):自分に合った仕事とは
今回は自分に合った仕事とはというタイトルで、まず初めに雇用形態について学びました。
正社員、派遣社員、パート・アルバイトの違いについて勉強しそれぞれのメリット・デメリットをみんなで挙げていきました。
その後、自分の得意なこと・不得意なこということで自己分析を行ってもらいました。メンバー全員、以前よりも自分の得意なことや不得意なことをすぐに書き出せるようになってきました。そして、最後は働く際にどのような福祉サービスが使えるかを学び、終了となりました。


平成24年9月01日「第13回スキルアップ講座を開催しました」

第13回(平成24年8月8日):対人関係③
今回は対人関係のまとめを行いました。
最初に『就労移行支援のためのチェック リスト』の「働く場での人間関係」という項目の記入を行いました。
『就労移行支援の ためのチェックリスト』とは9項目からなるチェックリストで、日常生活や働く場での行動などの項目に分かれているものです。記入後、1つ1つの質問について、みんなで話し合いを行い、終了となりました。


平成24年8月01日「第11回、第12回スキルアップ講座を開催しました」

第11回(平成24年7月11日):対人関係②-1
今回は対人関係の2回目ということで職場の人間関係について学びました。
メンバーに「周りから信頼を受けるタイプとは?」と質問したところ、嘘をつかない、まじめ、人任せにしないなどの意見が出る中、挨拶が爽やかと面白い発言をしてくれるメンバーもいました。
その後、『職場の人間関係を良くする10原則』を学んだり、上司・先輩・同期それぞれの付き合い方を学んだりしました。

第12回(平成24年7月25日):対人関係②-2
今回は前回の続きということで、コミュニケーションの取り方について学びました。
メンバーにはコミュニケーションを取る時にどうのような点に気を付けているのか?また、困った点はあるか?についてプリントに書いてもらい、それぞれ発表してもらいました。
気を付けている点では、相手の目を見て、話を聞くようにしている、雰囲気をみて言葉を選ぶようにしている、言葉遣いに気を付けるようにしているなどの意見が出ました。  逆に困っている点では、初対面の人と話が続かない、言いたいことが言えない、目を合わせることが出来ないなどの意見があり、1つずつみんなで話し合って、解決方法を考えたりしました。
最後に抜き打ちで、身だしなみチェックを行い。今回は2人ペアで、相手の身だしなみをチェックしてもらいました。


平成24年7月01日「第9回、第10回スキルアップ講座を開催しました」

今回は服薬管理ということで、再発や薬をやめてしまうパターン、薬の種類や副作用について学びました。

第9回(平成24年6月13日):病気と付き合う④
今回は対人関係の2回目ということで職場の人間関係について学びました。
メンバーに自分で薬を止めてしまったことがあるか尋ねたところ、薬が多すぎて止めてしまったが、逆に眠れなくなり、調子を崩して入院したことがあると自分の体験談を話してくれるメンバーもいました。
 また、薬の副作用があるかとの質問にもメンバーのほとんどがあるとの回答を出していましたが、「でも、また入院したくないから、きちんと服薬してます。」と話す姿も見られました。
 今回のスキルアップ講座は服薬管理ということでメンバーにとって一番知りたい内容だった様で、いつも以上に真剣に、そして、積極的に参加していました。

第10回(平成24年6月27日):対人関係①
今回は挨拶の仕方と敬語の使い方について学びました。
挨拶の仕方のポイントとして、①明るい声でハキハキと、②相手の目を見てにこやかに、③言葉だけでなくお辞儀も添えるという3つを学びました。メンバーにこのように挨拶されたらどう思うか尋ねてみたところ、「好印象を持ちます!!」と全員が答えていました。
敬語の使い方では丁寧語・謙譲語・尊敬語について学んだ後、普通の言い方からそれぞれ丁寧語・謙譲語・尊敬語にしてみるという作業を表を使って行いました。メンバー全員「中学校の時に授業でやったなぁ。なんか学生に戻った気分です。」と話し、みんなで悪戦苦闘しながら一緒に考え、表をうめていきました。終わった時には「はぁ。敬語って難しいですね。きちんと使えるか心配です。でも、勉強になりました。」と話していました。


平成24年5月29日「第7回、第8回スキルアップ講座を開催しました」

第7回(平成24年5月9日):病気と付き合う②
前半は就労を考えた時に会社側に病気であるかを知らせておく(オープン)か、病気のことは隠しておく(クローズ)かのメリット・デメリットをみんなで話し合いました。
後半は自分の病気や症状について相手に伝える時にどのように伝えるか一人一人 考えてみました。その際に自分の病気をいつ知ったかという話題になり、入院中に知りましたと話すメンバーもいれば、入院時は具合が悪くて覚えていないので、ちゃんと知ったのは退院して通院やデイケアに通ってからですと話すメンバーもいました。

第8回(平成24年5月23日):病気と付き合う③
前半はストレス状態のサインということでストレスのセルフチェックリストそれぞれ付けてみました。メンバーそれぞれチェックを付けた部分は違いましたが、メンバーもスタッフも『なかなか疲れがとれない』の項目では全員がチェックを付けており、 「年だからかぁ・・・」と話し苦笑いしていました。  後半はストレスの対処法を見つけようということで、メンバーそれぞれに自分なりの ストレス対処法を話してもらい、中には面白い対処法をあげてくれたメンバーもいました


平成24年4月24日「第5回、第6回スキルアップ講座を開催しました」

第5回(平成24年4月4日):日常生活について③
金銭管理ということでシュミレーションを行いました。2つのグループに分かれて、1ヶ月18万円生活という設定で、家賃や光熱費などにいくら位のお金がかかるのか考えてみました。18万円に収める為にどちらのグループも電卓を片手に苦戦しながら、お金の使い分けを考えていました。

第6回(平成24年4月18日):病気と付き合う①
前半は「健康とはどんな状態のことなのか?」ということで、自分達が考える健康な状態についてまずは意見を出し合いました。それをふまえた上で、資料を見ながら健康なじょうたいについて学びました。  後半はストレスとはどのようなものであるのかを学びました。ストレスの原因となる刺激(ストレッサー)は大きく4つに分けられることを知り、いろいろな刺激の中で自分達は生活していることを改めて感じました。また、ストレスと病気の仕組みをダムの絵を用いりながら学び、薬の大切さやストレスへの適切な対処が必要なことを知りました。


平成24年3月30日「第3回、第4回スキルアップ講座を開催しました」

第3回(平成24年3月7日):日常生活について①
前回記入してもらった“デイケア参加日”と“休日”の1日の生活リズムについて各自発表してもらいました。自分と他メンバーとの生活リズムの違いに驚きの声が上がる場面もあり、各々の時間の使い方を確認しました。そして、改めて『規則正しい生活とは何か』を話し合い、見直す機会となりました。

第4回(平成24年3月21日):日常生活について②
今回は“身だしなみと清潔面の必要性”について行いました。人の第一印象は、約5割が視覚による情報でみんな決まってしまうという【メラビアンの法則】があり、これにはみんなから「わぁー」「えー」という驚いた反応が返ってきました。さらに、身だしなみとおしゃれの違いを確認し、身だしなみは、周囲の人にとっても、自分自身にとっても必要で、大切なことだとみんなで再確認しました。


平成24年2月28日「第1回、第2回スキルアップ講座を開催しました」

第1回(平成24年2月8日):オリエンテーション
「働く」ということについて、良い点や悪い点、さらに働くために必要なことは何かをみなさんで意見を出し合い、話し合いました。様々な意見があがり、周りの人の考えにも触れながら、充実した話し合いの時間となりました。

第2回(平成24年2月22日):オリエンテーション
今回は、日常生活や対人関係等のチェックリストを配布し、普段の生活を振り返りました。チェックリストをつけることで、「今まで気付けなかった自分の出来ていなかった面を知ることが出来た」との声も聞かれました。さらに、デイケア参加日と、休日の1日の流れをそれぞれに記入してもらいました。みなさん黙々と書き上げ、日頃の生活を振り返っている様子でした。 次回は、この1日の流れをみんなで確認して、見直していく予定です。

 






平成28年12月4日「Re-CURE、Xmas雑貨市に出品しました」

平成28年度12月4日(日)多賀城市市民活動サポートセンターにてXmas雑貨市に参加 させて頂きました。
 Xmas雑貨市とは、社会支援活動を行う団体の雑貨販売会です。デイケアRe-CUREもメンバーさんが作り上げた作品を販売し、たくさんの方にお買い上げ頂きました。
 また同時にブレスレット作りのワークショップも行いました。こちらも大好評でお子さんの作業している様子を写真に収める親御さんも多く、作品販売、ワークショップ通して楽しんで頂けたと思います。

今回のXmas雑貨市を通して、改めて関係機関や地域の方々と交流する良い機会になったのではないかと思います。ご来場いただいた皆様、協力していただいた関係者の皆様、ありがとうございました。(デイケアRe-CURE大庭)


 


平成25年5月18日「Re-CURE」のブログを始めました

平成25年5月18日より「Re-CURE」の専用ブログを始めました。
Re-CUREのスタッフが日ごろ感じたこと、気に留めたことを気さくに話し、活動の情報や気に入った風景や小物などの写真も掲載しています。
ぜひ、見てくださいねー!

ブログはこちらから
 


平成25年1月25日「第11回ヤンセンファーマHEARカレンダーコンテストに入賞しました」

第11回ヤンセンファーマHEARTカレンダーコンテストに入賞しました!
同様に入選した緑ヶ丘病院デイケアの皆さんと一緒に表彰式に出席させていただきました。
自由に楽しんで描くことをモットーに仕上げ、一人ひとりの表現力が合わさった作品となったと思っています。

全応募1300点中の入選50点ということで、ご報告を頂いた際のメンバーさん達の歓喜の声が忘れられません。
表彰式後には早速、メンバーさん達が次回の制作について想像を膨らましています。
ヤンセンファーマの皆さま、関係各署の皆さま、本当にありがとうございました!(作業療法士 佐藤)

右のカレンダー画像をクリックすると、大きな画像で見ることが出来ます。


 

平成24年9月3日「『みんなのマルシェ 2012』に出店しました」

平成24年9月1日(土曜日)、JR多賀城駅前で「みんなのマルシェ 2012」が開催され、当院デイ・ケア「RE-CURE」および緑ヶ丘病院就労支援施設「メープルガーデン」が出店しました。

Re-CUREからは、デイ・ケア利用者さまがプログラムの中で、この日のために一生懸命作成した可愛らしい小物などを展示販売しました。

猛烈な残暑の中、たくさんの出店があり、朝から多くのお客様でにぎわいました。普段は静かな多賀城駅前もこの日ばかりは活気にあふれていました。



平成23年7月25日「『多賀城復興支援プロジェクト LOVE tagajo たがまる』に出店しました」

平成23年7月23日(土曜日)、多賀城駅前で「多賀城復興支援プロジェクト LOVE tagajo たがまる」が開催され、当院デイ・ケア RE-CUREおよび緑ヶ丘病院就労支援施設メープルガーデンが出店しました。

メープルガーデンからは作りたてのパンを 、Re-CUREからは、デイ・ケア利用者さまがプログラムの中でこの日のために一生懸命作成した可愛らしい小物などを展示販売しました。

開場にはたくさんの方がご来場され、カフェや絵本店、雑貨屋さんなど出店した17店舗すべてでにぎわっていました。

”たがじょうとハートを元気にする”という目標は、皆さまの笑顔で達成できたと思います。
今後も多賀城を元気にするために、当院として出来ることは何かを考えながら活動してまいります。

 

平成23年7月2日「『Re-CUREを知っとくれ!』Vol.2を発行します」
平成23年7月20日(水)、デイ・ケアRe-CURE(りくれ)の詳しい最新の活動をご紹介する「りくれを知っとくれ!」Vol.2を発行します。


「メンバー座談会」や「イチオシレシピ」、最新の「活動紹介」、「ART」、「スタッフ紹介」などのコーナーがあり大変楽しい冊子となっています。
ご希望の方は、こころのクリニック みどりの風 デイ・ケア「Re-CURE(りくれ)」までお問い合わせください。

 

平成23年7月2日「震災復興記念チャリティバザーを開催します」
震災から約4か月が経とうとしています。微力ながら復興の手助けになればと、「Re-CURE(りくれ)震災復興支援チャリティバザー」を開催することとなりました。
皆さまのお越しを心よりお待ちしています。
日時:平成23年7月20日(水) 10:00~14:00
場所:こころのクリニック みどりの風2階デイ・ケアルーム
内容:作品展示・販売、バザー、活動紹介 軽食販売(ラスク、クッキー、チョコ、コーヒー、アイスコーヒー、アイスティー
開催協力:緑ヶ丘病院デイ・ケア様、就労支援事業所メープルガーデン様


平成23年6月18日「『多賀城復興支援プロジェクト LOVE tagajo たがまる』に出店します」
平成23年7月23日(土)、多賀城駅前半円公園で開催される「多賀城復興支援プロジェクト LOVE tagajo たがまる」で当院デイケアRe-CUREメンバーさんが作った菓子や手工芸品を販売します。
また、6月14日に塩竈市にオープンした就労支援事業所「メープルガーデン」で製造したパンも併せて販売します。
菓子やパンは100~200円、手工芸品も100~500円のお求めやすい価格で販売しますので、ぜひご来場ください。


平成23年5月20日「フォトモザイク完成!」
縦158cm、横154cmのフォトモザイクを作りました。
フォトモザイクとは、たくさんの写真をモザイクのタイルに見立てて碁盤目状に配置し、大きな絵を完成させるというものです。
4月末から作り始め、今まで撮りためた写真の中から494枚を使用し、Re-CUREのキャラクター「りっく」が完成しました。
写真の配置を間違えないよう1枚ずつ丁寧に貼り、完成した時には大きな拍手が起こりました。
近くで自分が写っている写真を探したり、昔の写真を見て思い出話に花を咲かせることもあります。

 



参加を希望される場合は、主治医の指示が必要です。診察時に主治医の先生とよく相談し、一度見学にいらして下さい。体験参加や見学をご希望の場合は、電話でお問い合わせいただくか、受付窓口にてお申し出下さい。

Re-CUREについてのパンフレットをダウンロードをすることができます。
パンフレットダウンロード